FCV対EV これからの自動車

FCV車とは一般的に燃料電池を用いた水素自動車を指し、EV車とは電気自動車を指します。この二つの共通点は、共に電気を原動力として走る車ということです。それでは詳しく解説します。

まず、FCV車は現在開発中でまだまだ普及段階には至っていません。価格も高く水素を安定して提供できる設備の建設も進んでいません。FCVの特徴は水素と酸素を結合する時に発生する電気エネルギーをモーターに伝えることでか動くことができます。排出するものも水のみですからガソリン車などのように地球温暖化の原因になる二酸化炭素やその他有害物質も発生しません。また、ガソリン車同様に長距離を走行することができます。しかし、ガソリンなどに比べると引火性が低くなりますが、高圧力でタンクに保管するため取り扱いを誤ると爆発する可能性もあります。

次にEV車は様々な自動車メーカーから現在も発売されています。こちらは大容量の電池を積みのその電気エネルギーをモーターに伝えることで走行しています。こちらも環境性能はガソリン車に比べるとはるかに良いのですが、電池には容量があり、走行距離が短いことが難点です。そのうえ充電時間もガソリンの補給のように短期間では行うことができません。 今後二次電池の性能が飛躍的に改善した場合には、FCVとよい勝負をする可能性がありますが、現在の状況であれば走行距離の長さや補給時間の問題もあり、EVよりもFCVの方が普及するのではないでしょうか。

共に共通していることは車を走行させるためには大量の電力が必要であることです。現在の技術では水素を作るにも大量の電力を必要としたり、化石燃料からの改質を行っています。そのため化石燃料を利用した車と燃費の観点からあまり変わらないか高くなります。FCV車の普及には安全性の確立や水素を安定して供給できるシステムの開発など様々な課題もありますが、それを一つ一つ乗り越えることで一般の家庭でも利用される車になるのではないでしょうか。

PICK UP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です