バッテリー性能が今後の発展の鍵

これからのEVとFCVには、双方に大きな問題があります。
FCVは、重い電池を搭載する必要も無く、数kgの水素で数百kmの走行が可能とされ、水素を空気と反応させるので水しか排出しない事から、究極のエコカーと呼ばれています。
又、電気の様に充電に時間を要せず、数十秒で水素の充填は完了します。
FCVは、車の開発よりも水素ステーションなどのインフラの整備と普及促進の為の販売価格の抑制が必要とされています。
フォーミュラーEは、EVの普及を目的として世界の大都市や有名リゾート地の特設コースで開催されていますが、競技車両に搭載されているバッテリーの容量が不足している為に、レース中に競技車両を乗り替えを行なっていますが、ピットでの急速充電やダイナミックチャージと呼ばれるワイヤレス充電の導入を目指しています。
未来ののEVの形が、フォーミュラーEにあります。
EVの心臓とも言えるバッテリーは、製造コストダウンや性能アップが必要とされています。
現在では、300倍の容量アップが可能な空気リチウムイオン電池や量子技術を応用した多層薄膜構造による電力の高密度化や出力の高密度化、小型軽量化が可能な物理電池である二次電池バテナイスなど新しい電池の研究開発が行われています。

About

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[TOP]