水素と酸素を反応させて電気を発生

電気自動車ではモーターと燃料電池が動力源となっていますが、その燃料電池は水素を用いて発電します。その結果、排出するのは水なので、環境にも配慮されています。では、その仕組みについて少し書いていきたいと思います。発電の原理としては、水の電気分解の逆のような反応です。まず、電池の燃料極で供給された水素が白金を触媒に水素イオンと電子に分けられます。分けられた電子が導線を流れることで電流が発生し、電気が発生します。水素イオンのほうは、燃料極と空気極に挟まれた電解質を通り、空気極側で導線を流れてきた電子と外から供給される空気の中の酸素を用いて水を生成します。これが、燃料電池の放電の仕組みの概要です。今現在環境に配慮された車として開発が進められているのが、電気自動車と燃料電池車です。どちらも環境への影響が少なく多くの期待が寄せられていますが、まだ開発途中であり、コストや性能、環境整備などの問題も解決していかなければいけません。

About

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[TOP]