水素の爆発の危険性がFCV発展の難しさ

ガソリンの残量が限られる中で環境にやさしいエネルギーを使った自動車が求められています。電気自動車と水素電池自動車が中心ですが、電気自動車と比べ水素電池自動車は進展が遅いのが現実です。なぜうまく広がらないのかというのが水素の危険性と扱いにくさがかかわっています。
水素は揮発性と燃焼性の高い期待です。貯蔵するためには気体のままタンクに詰め込むか、液体にして保存するかの二択になります。ただし気体のままでは運べる量が少なく(貯蔵の場合はかなりのスペースが必要になります)、液体にするためにはー253度以下を保つ必要があります。液体の場合はタンク内の温度を保つのにエネルギーがかなり必要になりますし、少しでも温度が上がることがあればタンクごと爆発することも考えられます。またもし自動車事故などが起こった場合、水素自体が燃えるため瞬間的に爆発的な燃焼が起こる場合があります。これを防ぐもしくは確率を下げるのは難しく、一般利用のハードルを上げています。

About

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[TOP]